FC2ブログ

トイストーリー4感想

サハラ

2019-07-12
雑記
0 COMMENTS


今日は「トイストーリー4」を見てきました。
以前から面白そうなディズニー映画があったら見に行こうと知人さんと約束していて、
今までハズレの無かった「トイストーリー」の最新作に目を付け、密かに待ち望んでいました。
それに加えて4では大好きなボー・ピープが再登場するとのことだったので、私には特に注目する作品でした。

それで、実際に見ての感想ですが
今回もやっぱり見てよかった。トイストーリーにはハズレはなかったなって思わせてくれるような作品でした!
CMなどで見た限りでは特別に興味を引かれなかった新キャラクター達も、実際に観ているとみんな魅力的でした。
特に物語の重要人物の一人であった女の子の人形ギャビー・ギャビーと取り巻きのパペット人形達が、怖さと心優しさを兼ね備えた絶妙な存在感を醸していて好きでした。

ボーは若干キャラクターの方向性が変わっていて
羊飼いの強かな淑女から気品も兼ね備えた冒険者みたいな変貌を遂げていました。
以前のボーも好きだったので残念に思う反面、新しい彼女も格好よくて好きです。
賢いだけではなく、身のこなしがバズより洗礼されていたのには驚きました。
それだけ屈強に生活してきたのでしょうね。

終わり方には「良かったね!」と手を広げられる要素と、寂しい要素と、
またウッディーたちの未来を想像したくなるような広がりを感じました。
従来の趣旨からは方向転換したような展開なので、賛否両論になりそうな気もしますが(^_^;
ウッディーの物語として、私は素敵なラストだったと思います。

あと、ピクサーさんは持ち主の子供に対して"おもちゃ達を親のような質感で描いている"と仰っていたので
子供がおもちゃ達を卒業する過程だけではなく、巣立っていく子供からも親は卒業しなければならない、
子離れの心の過程を、今回のウッディーで描いているようにも感じました。

好きな作品の映画を公開初日に見に行ったのはこれが初です!
キャラメルポップコーンも買ってしまい、映画館の雰囲気も久々に堪能しました♪
こんな素敵な映画をスクリーンで見れた事、ピクサーさんに感謝します。
これからも拘りを持った素晴らしい物語を作って頂きたいです。

画像はパンフレット(左)と入場の際に貰ったおまけ(右)です。
おまけは今作のキーマンであるボニーが作ったおもちゃ「スプーキー」が作れるキットのようです。
そのうち作ってみたいと思います^^
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply